読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

ありふれたスピードをこえて




 さっそく三日坊主こじらせるところでした。昨日はただ、ボーッと考え事をしていました。
ホシノです、こんばんは。最近はキザな記録が多くて窒息死しそうなんで、本日は蜜にも毒にもならぬ話題を用意してきた(でござる)。



 パンバイトの店に、ぬいぐるみを握りしめたおんなのこが来店する。店長がまず気づいてホシノに、「見て、あのぬいぐるみ」と仰ったので、確認してみると左手には、あらま、ネズミのぬいぐるみ。しかも、けっこうreality グンバツ。
「パン屋に〈ネズミ〉とは、なんとまぁデリケートな・・」問題が発生するのです。

 店内では〈ネズミ〉トークができません。というより、「ネズミ」という単語が客さんの耳に届くのが許されません。それと同じくらいデリケートなのが、〈ゴ★ブリ〉。G。
ここで、客さんのいない店内でプチ会談が開催されます。「"G"の隠語をかんがえよう!」。

 しかしまぁ、ホシノがおととしから使っている隠語を、「いいのありまっせ」と提案したものの。「ナニソレ」と、即却下されてしまいました。
彼らの疾走感を、さわやか!に表現して、〈せせらぎ〉という言葉を借りたのだけど。・・この隠語が普及することはない(というか、全国ネットで話題にしてしまった以上、〈隠語〉ではない)。



 そんなかんじ。