夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

この世界のしくみ

 
 
 
 
 
 
 一日中バイトで過ごした日のブログって、ネタが浮かばなくて難しい。
 
 久しぶりに再会したバイト友と、
十分にプライベートトークできないまま生き別れてしまった、悲しい。
 
 みたいな、内輪ネタしか出せない。みたいな。
 
 
 
 なにか捻出してみます。
 
こんばんは。吉野家です。
 
 
 
 「キミ魅力的だ!」と言われたとき、
いったいなにが〈魅力〉として輝いているのか。
 
 「パフォーマンス、よかったよ!」と評価された時、
いったいなにがよかったのか。
 
 我々は、〈魅力〉として輝いている〈部分〉を、
明らかにして、見つめなければならぬ。と思った。
 
 
 
 モーニング娘。道重さゆみさんが、去年の秋に卒業してしまった。
彼女は歴代で伝説のメンバーであった、と思うのです。
 
 かつて「LOVEマシーン」などで一世を風靡していた、モー娘。
あの時代は、安倍なつみさんやら後藤真希さんやらがチヤホヤされていた。
 
 安倍なつみさんやら後藤真希さんやらがモー娘。の〈売り〉だったのか。
と考えてみると、そういう気もするがそうでない気もする。
 
 というのも、ソロ活動やら「ごまっとう」やらの派生グループを作っても、
なんか脚光を浴びたような印象がないんですよな。
 
 「安倍なつみは知ってるけど、『ごまっとう』って、なに?」
なんて言う人もいるはずで。
 
 すなわち、安倍なつみさんやら後藤真希さんがモー娘。人気を支えていたのではなくて、
逆に彼女らがモー娘。人気に支えられていたのですや。
 
 だから、当時の彼女らの人気は、彼女ら自身の魅力ではなかったのかもしれぬ。
 
 
 
 反面、道重さゆみさんは凄かった。
 
 おととしあたりからモー娘。が再熱したのだが、
たぶん世間の印象は「道重は知っているけど、モー娘。のことはよくわからない」状態だったのだと思うのです。
 
 つまり、かつてのメンバーと、脚光の浴びかたが逆転しているのですよ。
道重さゆみさんの人気がまず存在して、モー娘。はその後についてくる。
 
 道重さゆみさんが、モー娘。人気を支えていたのです。
道重さゆみさん人気は、ホンモノでした。彼女自身に魅力があった。
 
 だからきっと、彼女が脱退してしまうと、
メディア側もモー娘。の扱い方に困ってしまう気がするのですよね。
 もう道重さんがいないから。
 
 それほど、道重さんは、モー娘。を世間に広めるための
重要な要素として君臨していた、と思っているのです。
 
 
 
 別にホシノは、道重さんファンでもないのだけど。
 
 モー娘。事情のそんなこんなや、
「彼らの人気は『ラッスンゴレライ』であって『8.6秒バズーカ』ではない」、
 みたいなことを眺めていたら、
 
 「ああ。自分の魅力がどの〈部分〉なのかを意識しなければならないし、
それによって自分の成長の方向性が決まってくるんだろな」
 というのを、感じたわけです。
 
 たとえば漫画を描いて高評価をもらえたときに、
運良く〈ネタ〉がウケてるのか、鍛えてきた〈想像力〉が買われているのか。
 
 
 
 そんなかんじです。