夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

輝く宝石みたいに続くなら





 こんにちは。ホシノです。
先週土曜日の出来事を思い出しつつ、日記書きます。



 土曜日は夕方から、
パンバイト先でホシノ準主役の送別会でした。

 「カネは無いけど時間は(少し)ある」ホシノは、
昼間からパンバイトのみなさんへ感謝の手紙を綴ります。

 いやぁ。果てしない。
まだ6人しか書けてない。
20人弱いますのに。1人一時間ほどかかる・・

 昼から執筆作業がんばって終わりきらず、
中途半端な状態で会場へ〜〜



 楽しかったです。
脇汗ジャブジャブでした。

 メンドくさかったりシンドかったこともあったパンバイトですが、
なんだかんだで6年、人生の4分の1をここで過ごしてしまいました。

 嫌な思い出がありつつも、
それに押し潰されることなく勤め続けられたのは、
きっとここいらの人間が好きだったのだろうなー

 と、後になって気づく。みたいな。



 そんな気持ちになれる機会が最近多い。

 長く続けてきた物事にサヨナラの時期が来て、
さみしい〜けど続けてきてよかった〜けど、さみしい〜
みたいな、しょっぱい気持ちになるです。しょっぱい幸せ。

 長く続けなければこのような幸せに対面できないし、
そうなると、「ああ、長生きしたいかもなぁ」と、思えてくるような気がするです。



 はい。


 そんなかんじです。