夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

希望を胸に扉開けて





 こんにちは。ホシノです。
4月2日木曜日のことを思い出しつつ、なにか書いてみます。



 いつぞや、「これはやりたい」
「これはやりたくない」というものを箇条書きしたい。
みたいな記事をエントリーしたけれど、

 その後日に、
「ブログ書きた〜い」「ギター弾きた〜い」
みたいなことをリスト化してしまった。

 内容はシンクロしていたけれど、
そういうことじゃないのです。そういうことじゃないのです。



 ある日、私を雇い入れてくれたヒゲの師匠に、
突然、「ホシノは今、何がしたいの?」と聞かれまして。

 あまりに抽象的な質問で、「?」が出てしまったものの、
核心を突かれた気もして、一瞬クラっとしてしまった。

 「将来お店を持ちたいです」、
「ギターをつながりにした憩いの場を設けたいのです」。

 


 「それは前にも聞いたけど、それで全部じゃないでしょう」、
「他にもなにかあるでしょう」「それが叶った後はどう生きたいの」。

 そんなことを言われましても。
急には言葉にならなくて、ギクッとしてしまいます。




 今までの生活の、ことあるごとに、
これはヤダ、これはおもしろそう。という選択を重ねて
イマココに辿り着いたはずで、
これからもなんとなくな将来像へ向けて生きていくんだろうけども、

 ホシノがどんなことが嫌でどんなことに興味が向くのか、
具体化すると数が多い上に、優先順位がわからんくて ・・
ことーばにーできーなーいー



 ヒゲの師匠いわく、
どんな生き方をしたいかが明確になると、
夢がもっと具体化するし、
そうすると、今の仕事が将来の自分にとって
どんな意味があるかがわかるようになる。らしい。

 なんとなく仕事して給料貰うだけじゃなくて、
そのような時間の過ごし方をしなければならぬー。らしい。



 言われてみればしごく当然のことであるが、
これって、メンドくさくて後回しにしてしまっていたことのような気がする。

 だから、やりたいこと嫌なこと、
箇条書きしなきゃな〜と、ボヤいておったのです。



 そんなかんじです。