読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

見上げて何かを言う








 休日。9時ごろ目覚めて、
「ブログ書かなきゃなー」となんとなく感じながら、22時。

 ゲームしたり、日記書いたり、ゲームしたり、
踊ったり、ゲームしたり、ギター弾いたり、ゲームしたり。


 時間がたっぷりある日ほど、
「今日はなにしようかなー」とシッポ振っているだけで一日が終わるです。


f:id:supersleeper36:20150513002738p:image
f:id:supersleeper36:20150513002743p:image
f:id:supersleeper36:20150513002758p:image
f:id:supersleeper36:20150513002801p:image


 ↑今日こんなアプリインストールしました。
箱庭作って眺めているだけのアプリ。

 なにも操作せずにボーと眺めてりゃ良いゲームて、好き。


 こんばんは。ホシノです。




 昨日、帰りの電車でブログ書いていたんですけど、
なんだか自分の納得いくのものが書けなんでした。

 おとといまではスラスラ書いていたのに、
昨日になってとつぜん、書いては消し、書いては消し。


 どうしたのかなー、と。
おとといまでの自分と、昨日の自分、
何が変わってしまったのか、と。




 考えてみたら、思い当たる違いがありまして。

 おとといまでは、
その日あったことをまず紙に日記を書いて、
それからブログの執筆を始めていたですが、

 昨日は、日記を書かずにブログ書こうとしていたです。


 たったこれだけなんだけども、
これが大きな違いになることに気づいたです。

 というのは、
日記は、自分に向けた言葉での執筆だけれど、
ブログは、他人に向けた言葉での執筆になるです。


 日記を書いてからブログを書くと、
等身大のボキャブラリーでなにかを語れるです。

 それが無いと。他人の目を気にする、というか、
読者に媚びるような、背伸びするような言葉での語り口調になってしまって、

 それが気持ち悪くて、書いては消してしまうみたいです。


 ・・日記での自分はヒドいもので、
性に対する想いを書いた日記に「チュッパチャップス」の単語があって、
なんのことかと思ったら、「フ◎ラ」のことでした。

 自分専用の日記でないと、こんな単語は絶対出なん。




 この記事も、一度にっきっきを書いてから執筆したものです。

 そんなかんじで。