読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

5月24日(日)の日記。

 


 ホシノは将来、どんなお店を持ちたいの?

 と、シャチョサンに聞かれて、
「愛で溢れたお店を持ちたいです」と、答えたです。

 


 そこでさらに聞かれたのが、
「それって、ホシノ以外の誰が幸せになることなの?」
という難題?です。

 自分が居心地いいだけだったら、
それって自己中心的すぎるよね、という。

 

 そのあたりはまだ漠然としていることですが。
今のホシノのレベルで、とりあえず言えることは、

「強く生きようとしなくても、支えあえば大丈夫」、
という環境を用意できれば、

 自分のすぐ周りで働く人が、
まず救われるのではないかと。

 

 そして、その人たちの中で、
ホシノの考えに共感してくれる人がもし現れたら、

 ホシノがヨボヨボになっても、
意志を継いでくれる人たちのおかげで、
チョットずつ世の中も良くなるかもしれない、と。

 自分の身の回りから、
波紋が広がるみたいに。チョットずつ。

 

 そしたらシャチョサン。それに対して、
やはりサバサバとした、おもろいコメント。

 「そんなの、
子ども育てるのが手っ取り早いんじゃん?」、と。

 子ども育てれば、ホシノの考え方が遺伝してゆくじゃん、と。

 子どもを育てる気はないんだ?、と。

 

 そんな選択肢、まるで無かったので、
それ聞いて、なんか唖然としてしまった。

 そもそも、結婚したい欲もないし。

 

 けれど、少し考えてみると、
子どもは結婚しないと授かれない、というのは幻想かもしれなくて、

 結婚してなくても、里親になれば、
子どもを育てることができることに気づいたです。


 だったら、、将来、
養子を貰って子どもを育てあげる、というのも、
アリな気がしてきたです。

 

 もともと、
「結婚は嫌だけど、子どもは欲しい」
という想いは在ったから、

 養子を貰って、
自分の店のメシ食わす、とか。

 いいなぁ、なんて。

 

 思ったりして。

 

 そんなかんじです。