夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

6月2日(火)の日記







 「おいしかったです」事件。



 飲食店で仕事しておるホシノですが、
6月になって、いよいよキッチンに立って、料理を作り始める。


 そんなある日の晩、

 身長170cm弱でメガネ。
髪の薄い、丸顔で小柄なオジさまが、御来店。

 ペペロンチーノを、注文。

 調理。


 料理の提供が終わったタイミングで、
ホシノもよく会話する、女性の常連客サマが、御来店。

 その常連客サマとの本日の会話が、コチラ↓
(ホシノの台詞オンリーバージョンで)




 「最近、調理場に立ち始めたばかりで、
料理ができるたびに、おいしく作れているかが不安。
なので、ホシノは食事しているお客さまをチラ見してるです。
 複数人で来店されてるお客さまは、一口目で相方と、
『おいしい〜』って、声を揃えて話してくれたり、
退店のタイミングで『おいしかったです』と一言遺してくれたりするです。

 そういう言葉がなさそうなお客さまの場合は、
 最後のひとくちを食べる様子を見て、
ソースまで舐めるように食べているのが確認できたら、
『あ、おいしかったんだ』と、幸せな気持ちになれるです」



 ↓
 と、そんなオハナシでした。


 この話はですね、
ペペロンチーノを注文されたお客さまに、
ちゃんと聞こえてしまってたんですよ。

 会計されたとき、ホシノに一言。


 「おいしかったです」。


 不意打ちされてしまって、
「あああああ、ありがとうございます!」

 と、動揺。



 それ以来、会えていませぬ。事件。

 そんなかんじです。