夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

9月13日(日)の日記




  小中高と、社会理科、
そして、国語の授業が嫌いだったです。

 特に、敬語・尊敬語・謙譲語とか、
「日本語をこんなややこしくした奴、誰なんだ」と、
食わず嫌いしていたです。

 お陰さまで、今、
若かりし頃の勉強しなかったツケが回ってきてるです。


 職場で電話対応していたらシャチョサンに、

『社長は、《おります》』って、言ってよ。
尊敬語と謙譲語くらい使い分けてくれないと恥ずかしいから、なんとかして」

と、注意されてしまいました。


 あとは、「召し上がってください」と、言えない。
「いただいてください」って、言っちゃった。 注意された。




 まずは、この二語から、
なんとかする太郎になります。ホシノです。




 自分の職場である飲食店、
西新宿に二号店があるのですが、

 ここ、土日祝日は閉まっているもんで、
シャチョサンが「あんな綺麗なところ、閉めておくにはモッタイナイ」
と、言い始めたであります。


 なので、休日は、箱貸しして、
人様に使ってもらおうということになりました。

 そんでもって、シャチョサンからの提案で、
「ホシノも使えば?ギターイベントでも開催して」
と、言われました。


 クラシックギターのカフェやりたい夢が、
良いところだけ叶うから良いのではないのか、と。

 新規お客さんの接客とか、無いし。


 月に2回、ホシノに貸しても良いみたいです。
シャチョサンから課せられた、売り上げノルマを達成できるのであれば。


 それ以来、それに関する妄想が、ホットです。
実現しそうであれば、ブログのネタにします。