夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

11月4日(水)の日記




f:id:supersleeper36:20151109203918j:image
f:id:supersleeper36:20151109203923j:image


 帳の自作、始めました。

 4月始まりの手帳で、
重すぎないのが欲しかったのだけど、
ほぼ日手帳では、重くて値が高いので、

 薄めのノートを買ってきて、
自分の都合のいいように作ってしまいました。


 ホシノです。

 困ったらすぐ、自分で作り始めるホシノ。
安いし好き勝手にできるから、いい感じですや。

 ・・それは良いとして、
また少しめんどくさいハナシをば。




 「友だちが鬱になったら、どうする?」
という〈もしもトーク〉で、職場の女性と盛り上がりました。

 自分はその友だちに、なにができるか。


 たとえば、
「話しをこちらから聞いてあげる。全部聞いてあげる」とか、
「なるべく外に連れ出してあげる」とか、
いろいろあると思うんですけども。

 最終的行き着いた答えは、
「妙なおせっかいはせずに、元気になるまで待つ」でした。



 この前、〈小野寺の姉 小野寺の弟〉という、
姉:片桐はいり 弟:向井理 の映画を観てですね、
印象に残ったセリフがあるんですわ。 こんなセリフなんですけど。


 「自分のすることすべてが、ホントの優しさではないかもしれない。
相手のためを思ってしたことが、相手を傷つけてしまうこともあるんだ」、と。


 このセリフが、もしもトークの答えを、
すべて語ってくれている気がするんですよね。 ハイ。




 もっと言葉で説明を加えようかと思ったですけど、
これくらいで終わった方が、むしろ、良い感じに想像が膨らむと思うので。

 ・・おしまい!です