読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

前を見て、歩く





 ネガティブを、ポジティブに捻じ曲げる、ろ。


 去年の日記を読み返したら、
ゴキブリを「せせらぎ」と呼ぼう決意をしておりました。

 現在でも呼んでいます。


 こんにちは。ホシノです。


 ・ゴキブリ ⇒「せせらぎ」。

 「ゴキブリ」

 と、文字だけでもトリハダ立っちゃう名前を、
どうにかポジティブな表現にできないものか。
と、ホシノが言い始めたのが、事の起こりであります。

 飲食店勤務だもんで、
「ゴキブリ」なんてうかつに言えんじゃないですか。

 そこで、どうにか「ゴキブリ」を、爽やかに表現したい。
そしていろいろ考えてみた結果、「せせらぎ」が生まれたのです。

 ササササ、という〈疾走感〉を、取り入れてみました。




 ・いくら探しても褒められるところが見つからない人 ⇒「達人」。


 これは自分自身の話ではないけれど。
 たとえば、世の中には、褒めようがない人がいて、
我々はどうも、その人の悪口を言いたくなっちゃうんですよね。

 でも他人の悪口言っている人の顔って、コワイカオ。
悪口言う息は毒物だもんで、その場の空気も、重くてまずくなるです。


 だけど、その「悪人」のことを「達人」と呼ぶことにすれば、、

「この前、あの達人がまた凄いことしてたよ!!こりゃ敵わんわ〜」
と、笑い話に昇華するです。楽しい話になるのです。




 ・仕事の愚痴ばかりなサラリーマン ⇒「??」。


 こんなかんじの、
「ネガティブをポジティブな球に変換して打ち返す」ゲームですが、


 たとえば、自分の仕事の愚痴ばかり話す人、いますなー。
「じゃあ、辞めろよ!」と言いたいところでも、そうはいきません。

 そんな人を、どう見つめることにして、
どうポジティブに向き合ってゆけばよいか。


 ウチのシャチョサンと会議した結果、
「戦士」という表現が生まれました。


 「傷だらけの戦士ですねー」
なんて言ってあげれば、勇敢な気がするです。

 愚痴まみれの「戦士」さんには、
「悠々と闘うには、まだ経験値が足りないんすねー
装備をそろえる〈マネー〉も無いしねー。大変スネー」
 みたいな。


 要は、「安月給で、実力不足」て言うてますが、
言葉にトゲが無いし、聞く側も嫌な気しないじゃん。という。



 ・ネガティブを、ポジティブに捻じ曲げろ。


 ポジティブな球に変換して跳ね返す、というのは、
ユーモア・スキルがないと、できなんと思うのです。

 今年は、このスキルを磨きたいですね。

 他人をただイジるより、
ほがらかに生きられる気がしませんかー


 そんなかんじであります。