読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

楽しい時間を造り出して( 03/全03回)

 

 楽しい時間を造り出して( 02/全03回) - 星

 前回の記事から、内容続いています。
星が日々取り組んでいる、5つの趣味を吐露しています。

 

 

f:id:supersleeper36:20161123204743j:image

 

 

《夢》を見ながら仕事するコトが、好き?

 趣味活動とは、少し逸脱しちゃう話題ですけれど・・

 


《夢》ができた瞬間。

 昔のオハナシ。大学3年生の冬、
いよいよ就活というものが自分のイベントとして降りかかってきました。

 

 就活は、まず『自己分析』から始まりましたね。
『自分がどんな仕事をしたいのか』を明らかにするのデス。

 

 けれどですね、自己分析をすればするほど、
『一般企業に就社して、いわゆるサラリーマンになる自分の姿』が
イメージできなくなっちゃったんですね。

 

 その理由らしきものは色々ありますけれど、
読者さんに伝わりやすいところは、2つ・・

 

・サラリーマンになると、忙しさでマッタリが食い潰されそうだから。
・というか、大学卒業したくない。居心地最高のクラシックギター環境を失いたくないから。

デス。


大学卒業したくない。『サークル室』を失いたくない。


 ピーターパン症候群ですね。

 


 ですが、
もし、自分がどうにかして、大学のクラシックギター環境にしがみついたとしても、

 

ギター仲間たちは就職して大学から去っていってしまうわけだし、
自分もどんどん歳をとってゆくわけで、オトナにならなければならないから、

 

大学内にあるクラシックギター環境は自分の居場所ではなくなってゆくんです。


自分より若い世代の居場所になってゆくわけですね。

結局、ちゃんと大学を卒業して、ちゃんと働かなければならないんですよね。

 


問題と向き合ったら、《夢》ができた。

 大学で青春した、クラシックギター環境を失いたくない。
それなのに、大学は卒業して働きに出なければならない。

 

 一見、相反するところにあるこのふたつを、
うまいことすり合わせて、最高の答えを導き出サナケレバー

 

 と考えていたら、ある日ヒラメキが降ってきたのデス。

 

 

「あ!自分で飲食店開業して、
クラシックギター環境を創り出せばイイんだ!」

 、と。

 

 そんなわけで、星には、

クラシックギターを囲んで、
マッタリ村生活のような暮らしができる飲食店を開業・経営する!』

というができたのでした。

 


《夢》ができたら、すぐに仕事(修行先)が決まった。

 そんな夢を明らかにして就活を始めまして、

 

とある企業の面接の後に『いつもの店』で晩飯していたところ、

そこの店主さんと就活の話になったんですよね。

 

「どんな業種で就活してるの?」、と聞かれまして。


 で、自分の夢を話したら、
「じゃあ、ウチで働けばいいじゃん」
と、返されたんですね。


 店主さんいわく、
「若者にウチの店で経営を学んで独立開業してもらう、
若者に『店を持ちたい』という夢を叶えてもらうのが、俺の夢だからさー」
とのことなのです。


 そんな不思議な縁で、就活は一瞬で終わったのでした。

 


現在。

 そんなこんなで、現在、
「30歳までに、自分のお店持ちたいな!」
目標にしながら、今のところでオシゴトさせてもらっています。

 

 そこで勉強になったコト、
そこで悩んだコト、夢が進歩したコト、
そんなアレコレもブログに遺したいんですよね。

 

 あああ。

 その「ブログに遺したい」という意図も、
なんでそんなことを思っているのか、書き遺したいんですけれど、

また長いオハナシになりますので、今日はこの辺で。


 いずれ、記事にしますね!!

 

 

 

 なんだか、最後だけ、
趣味のオハナシから夢のオハナシに膨らんでしまいましたけれども、、

 

 おしまいデス。

 

 そんなかんじで〜