夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

何年も忘れてたことが何かの拍子急に思い出す( 05/全05回)

 

何年も忘れてたことが何かの拍子急に思い出す( 04/全05回) - 星

 前回の記事から、内容続いてます。
星が長年試行錯誤してきた、《日記》に関するアレコレを公開しています。

 

 前回の記事では、

「星はなぜ日記を書くのか?」という理由を、

3つあるうちの、2つを書きました。

 

 今回は、最後の1つについて書きます。

 

 

 

 

③日記を書くと、自分がわかる。
 さて、日々のカンガエゴトを一冊の日記にまとめますと、
その日記は、『自分そのもの』になっていきます。

 

 忘れた頃に、日記を読み返してみると、
「ああ。こういうカンガエゴトをした集大成が、自分なんだな」
と、改めて思えます。

 


 ヘタすると日記は、
『自分より、自分のことを知っている本』かもしれません。

『当たり前に考え過ぎていて、いつのまにか忘れてしまったコト
(意識していたコトが、無意識になってしまったコト)』って、
結構ありますからね。

 


自分の未来もわかる。
 「日記を読み返せば、『過去の自分』がわかる」
というのは、容易に想像できるコトでありますが、

 

 実は、日記を読み返すことによって、
『未来の自分』までもが、わかってしまいマス。

 


 うまく説明できるかわかりませんけど、
イメージは、『汽車』『線路』ですかね・・

 

 『汽車』は、自分自身のことです。
『汽車』はどこかの行き先を目指して、『線路』の上を走っています。

 


 「『過去の自分』がわかる」を、このイメージに当てはめると、
「自分が今までどんな『線路』を走ってきたかがわかる」ということデス。


 二手に分かれた『線路』を目の前にしても
「◎◎という理由で、こっちの路にする!」という決断があったハズです。

 

「こんな景色の路が好きだ」
「なだらかな路が好きだ」
「カーブの激しい路が好きだ」
「こんなかたちの路を走りたい」

 

 自分が現在走っている路というのは、
過去から今日まで、このような選択と決断を何度も繰り返してきた、
その結果なんですよね。

 


 自分の意思で組み立ててきた『線路』の形が見えると、
その先、どんな形で『線路』を組み立てていくのかが、
今までの『線路』の形の延長で、なんとなく予測できます。

 

 すると、自分が、
おおよそドコをめざして走っている『汽車』なのかがわかるんですよね。

 


 自分の未来がわかるとは、そういうことデス。

 


自分の未来を予測してみた。

f:id:supersleeper36:20170112173817j:image

 

 先月、過去の日記をすべて引っ張り出して、
『自分らしさ』がよく現れている記述をぜんぶ抜き出してみました。

 

 『自分らしさのある記述』を、箇条書きで、丸写しして、
その横に『どんな自分らしさを感じて、それを書き出したのか』をメモしました。

 

 

 

 ・・以降、
「星野自身が、どんな自分を見つけたか」を書こうかな、
と、思っていましたが、

 

 ここ最近、
このつづきを書く気がまったく起こらないので、

 

 今回はこの辺にしといてやろうと思います(爆)

 

 

 後日、
いろいろ書いていく中で、
チョットずつ伝えられれば、それでいいかな。て感じです。

 

 

 ・・飽きちゃったんだね。そんなかんじでー