夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

10人居りゃ10の意見があるし

 


 「世の中の物事に、『良い』も『悪い』もありません」。

 

 世の中の物事は、そこに存在するただそれだけで、それに意味をつけるのはニンゲンが勝手にしていることデス。‥‥コレは星くんの思考のクセというか、モットーのようなものです。今までブログに書いてきた記事たちもこのカンガエカタがベースになっていますネ。

 

===========

 

 先日、ツイッターでこんなことを言っている人がいました。

 


 ホワイト企業でバイトして驚いたこと

・出勤押してから勤務の準備ができる
・座って作業できる
・台風来そうだからって早めに帰れる
・上下関係がない
・勤務中にお菓子食べれる
・褒められる、そして怒られない
・定時で帰れる
・社員さんがユーチューブで音楽聴いてる
・作業がはかどる

 


 ‥‥これについてボクは「へー」くらいにしか思わなかったのですが、なかには、これに対して批判的なことを言う人が、多数、いたみたいデス。

 


ホワイト企業というよりだらしない企業やね
・仕事舐めてるだろ。そんなの仕事じゃない
・甘え

 


 ‥‥といった具合です。

 

===========

 

 このような言い合いを見るといつも思うのが、「どっちが正解とか、どっちが偉いとか無いから」ということです。

 

 「自分の意見の方が正しい」という言葉がボクの耳に入ると、「この人の言葉は、正解不正解を語ってるつもりで、スキキライしか言ってないよな」、と脳内処理されてしまいます。

 

f:id:supersleeper36:20170811005358j:image

 

 スキキライをなすりつけあっても正解は出てこないし、そもそも正解なんて存在しません。

 

 ‥‥アレと一緒です。たけのこの里と、きのこの山。どっちの方がオイシイというのは、各個人の好みのハナシであって、どれだけ意見を闘わせても正解はありません。「自分が食いたい方を食えば良いよ」という感じデス。

 

 ホワイト企業うんぬんに関しても、「自分が快適に仕事できる環境を選べば?」と思うだけです。世の中には、いわゆるブラック企業的な環境じゃないと、気持ち悪くて仕事できない人もいるようですからね(´-`).。oO

 

===========

 

 お互いの意見を出し合うというのは、自分と異なるカンガエカタに触れることができて楽しいから良いんですケド、《自分の正しさ(らしきもの)》を高らかに掲げて、そこから外れる人を攻撃してしまうのは‥‥、あまり好きではありません!

 

 

 そんなオハナシでした。

 

 

 ‥‥いや、そんなオハナシじゃない。

 

 大切なのは、世の中の物事に「良い」も「悪い」もない!、ということです。

 

 

 そんなオハナシでした!