夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

悪びれたフリなんてもう流行らない

 

 こんばんちゃ、星です。

 


 

 こちらの『実況ラジオ』でもチラッとオハナシしましたが、《怒》について考えてみました。

 

 ちなみに、実況ラジオでの口語よりも、ブログでの文語の方がわかりやすくまとめられているつもりなので、動画を観る必要はありません笑

 

==========

 

 ボクは遥か昔から、自分の中の、喜怒哀楽の《怒》を排除しています。

 

 幼き頃の《怒》に対するトラウマですね。ですが、近ごろ、「なぜボクは《怒》を排除したいんだろう?」てなことを改めて考えてみましーた。ついでに「《怒》って、ナニ?」的なことも考えたので、本日はこの2点を言葉にしてみたいと思います。

 

==========

 

「なぜボクは《怒》を排除したいんだろう?」


 まずふと気付いたのが、怒は怒でも、『自分で自分を怒ること』は嫌いではないということデス。 たとえば、自分のギターがなかなか上達しないことに対してイライラしたり、自分を叩き上げたりだとかは、良いことだと思うのです。好き。

 

 では、ボクは《怒》というモノの何が嫌いなのかー? ‥‥を考えてみたところ、その正体は《理不尽》でありました。「掘り下げてみると。ボクは《理不尽》を排除したいんダナー」。

 


 《怒》には《理不尽》が付き物な気がします。「オレ様が気に食わないから怒るんだゼ!」が常に付きまとうような気がしますネ。「相手の成長を願って、言う」よりも「自分の気が晴れないから言う」という《自分の感情》が優先。ワガママに見えます。

 

 《強い物言い》になるにしても、ワガママでないものは《叱る》という言葉で区別されていると思うのデス。 ですので、「自分で自分を怒る」というのも、「自分で自分を叱る」と言った方が正確である気がします。 ですので、結局、《怒》はキライなわけです。

 

==========

 

「《怒》って、ナニ?」

 

 ボクは最初、《怒》は《求める》ことで生まれるモノだと思っていました。
⇒「私はこうしたいのに、うまくいかない怒」「あなたにこうしてほしいのに、そうしない怒」。

 

 《求める》=《期待》という言葉でも表現していました。

 


 これは一見するともっともそうでありますが、実はそうではありません。《求める》や《期待》というのは、それ自体はなんら悪いことではないのです。

 

⇒「私はこうしたい」「あなたにこうしてほしい」 ‥‥これが《怒》と結びつくかといえば、必ずしもそうとは限らナーイ。

 


 察しのいい方はお気付きのことと思いますが、《怒》が生まれるかどうかというのは、その直後がモンダイなのです。

⇒「私はこうしたい《のに》、うまくいかない」「あなたにこうしてほしい《のに》、そうしない」。

 


 《怒》の正体は、この《のに》です。ボクはこの《のに》を、《依存》とも言っていたりします。《怒》の原因を自分の外に転嫁させたくて、寄っかかっている状態デス。

 

==========

 

f:id:supersleeper36:20180315003056j:image


 ボクは「のに!」と言われて怒られても、「それはあなたの都合デショ」「あなたが勝手に不機嫌になったことデショ」「同じことを経験しても気にしない人なんて五万といるぜ」と内心では思いながら、その不快感を心の深いところに埋めます。聞かなかったことにします。

 


 この言い草だと、「無責任」と思われてしまいそうですが、飽くまで《理不尽》なことに対する反応ですよ。愛を持って《叱って》くれる人の意見には耳を傾けまくりデス。

 

 《理不尽》がキライなのです!「人を、あなたの勝手な《怒》のサンドバックにしないでくれ」ということデス。

 


 そんなオハナシでした。

 

 

 

不器用なりにきっと

 


 5ヶ月ぶりくらいデス。


こんばんちゃ。どうも、星です!

 

==========

 

 

 前回の記事での\( ゲーム実況にハマりました!)/というオハナシから、しばらくブログから姿を消していました( ̄▽ ̄) 約5ヶ月間のことデス。

 


 

 ちなみに、↑こちらがゲーム実況チャンネルです。

 

 いろいろなゲームを実況している最中ですが、只今、『FF7』と『どうぶつの森ポケットキャンプ』をメインに更新しています。

 


 『FF7』に関しては、ただ喋りながらゲームプレイしているだけですが、『ポケ森』に関しては『実況ラジオ』と題して、ラジオばりにひたすら喋っております。 ブログのネタになるような話題も、こちらで喋り散らしております。

 

 興味ある方は、どうぞいらしてみてクダサイね。


==========


  ここ最近ずっとゲーム実況にハマっていましたのですが、そろそろブログにも帰ってこようと思いマス。

 

 この5ヶ月間、「ブログもそろそろ更新したいナー」とずっと気にかけていたのですが、油断すると『超マイブームのゲーム実況』ばかりに時間を遣ってしまうので、今年は(もう3月だけど)いろいろな趣味に満遍なく時間を割けるよう、自分を律しようと頑張ってみます🙏

 

f:id:supersleeper36:20180311023419j:image

 

 20〜30分で執筆できる内容をチョコチョコ更新していきたい!
ブログ→ゲーム実況の順番にオハナシを公開していけたらいいなと思うマスー

 

 よろしくおねがいいたします!


==========


 

 去年に書いたはいいけど公開し忘れていた記事をアップップしてみました。
あいかわらずよく分からないことを、のたまっております。

 


 そんなかんじでー

 

 

 

自分だけが楽をしたって 本当に楽しめないんだよ

 


 

 

 過去記事で、「やりたいことがあっても、正しいかわからないからできない」についてしばらく書いてきました。

 

 「《正しさ》を判断基準にせず、《楽しさ》を判断基準にすればいい」なんて、のたまっております。

 


 

 

 以前、「楽しければ、人を殺してもいいのか」ということについての記事も書きました。

 

 

 本記事ではそれらについてまた、少し角度を変えたオハナシをしたいです。

 

===========

 

 以前の記事で書いたような《責任》というのがついてまわると、判断基準がやはり《正しさ》へ傾いてゆく気配がします。ですが、それでもまだボクは《楽しさ》を判断基準にすればいいと言い続けます。

 

 

 「わがままが過ぎれば、誰かに不快感を与える」というところで《楽しさ》を選べなくなってしまう心優しい人は、《楽しさ》の範囲を広げてあげればいいだけデス。自分ひとりが楽しいだけじゃなくて、その周りの人にも利益が舞い込むようにすればいいデス。

 

===========

 

 「自分さえ楽しければ、人を殺してもいいのか」となったとき、ただ殺人を犯して得するのは、自分ひとりだけです。

 

 どんなことでも、「自分ひとりだけ、楽しい」という選択をすると、それに対して大きな犠牲が跳ね返ってくることが、多い気がします。

 

f:id:supersleeper36:20180311022832j:image

 

 反面、「自分も当然楽しいし、その身の回りの人も楽しい」という選択ができると、犠牲は小さくなって、むしろ身の回りの世界が明るく潤っていく気がします。「身の回りの人」の数を大きく考慮できればできるほど、世界はどんどん明るさと潤いが増してゆく気がします。

 

 

 キーワードは、《楽しさ》の範囲を広げてやればイイー、デス。

 

===========

 

 そういう基準で思考すれば、《殺人》が楽しい人は、《死刑執行人》として働けば良いんではないでしょうかね。死刑執行ボタンを押したくない人間の方が多いはずだから、それを引き受けてくれる人がいるというのは、ボタンを押したくない人々にとって救いになる気がしますわな。

 

 そのことに対して、キチンと給料も支払われますし。ネ。

 

 

 そんなオハナシでした。

 

 

 

邪魔しないで Here We Go!

 


 しばらくぶりデス。星です。

 

 てか、1ヶ月前に公開しようと思ったまま更新を忘れていた記事を発見しました。
‥‥まぁそれは、そのうち更新するとしてですね!

 


===========

 


 1ヶ月更新していない間に、私生活ではゆる〜い変化が、3点ほどありました。

 

 

 ひとつは、【独立開業】について。
やりたいことのコンセプトが定まってきて、そこらへんを国語でひとまずまとめまることができましたので、数学でのカンガエゴトを、いよいよ進め始めました。家賃の相場とか、必要な開業資金の把握とか、ネ。

 

 ふたつめは、【初心者専用のクラシックギター個人レッスン】を始めることにしました。
ツイッターでは一度だけ告知しましたけどね。チョット、いろいろ改訂してから告知しなおしマス。

 

 

  上記ふたつについては、おいおい詳しく書いていくとして、
本日の本題は、ゆる〜い変化、みっつめデス! ドキドキ‥‥


===========


 みっつめ。

 

 ボク、【YouTube でゲーム実況】を始めました! ハァ?


===========

 

 9月19日火曜日。
たぶんこの日に、はじめて動画撮影をしました。

 そして、22日の金曜日に、YouTube へ投稿しました。

 

 最初は、それはそれはとても恥ずかしくて、しばらくのあいだ、オドオドしながら撮影していたのですが、最近では、結構楽しく撮影してまして、本日までの 2週間チョイで、24本、動画を撮りました(少しずつ公開していマス)。

 

 

 猛スピード!!! どハマりのマイブームでありマス。


===========


 しばらく、《不慣れなのがバレバレな恥ずかしい動画》しか撮れなくて、ボクの直接の友人にバレてしまったら、「イジられる!やだ!」と思いで隠密に活動してましたが、

 

 最近になってようやく、「これくらい喋れてれば、自らバラしても良いかな」と、思えるようになってきたので、チョット動画の宣伝をさせてクダサイ‥‥

 

 

 ちなみに、「オマエ恥ずかしがってるから、視聴してるコッチまで恥ずかしいわ!」と、なるべく感じさせないような順番で動画紹介しますから、その順に視聴することをオススメします( ´-` )

 

  あと、ボクに興味持ってない人は視聴しないでね。
ホラ、悪口のネタになっちゃうから!優しく受け止めてくれる方だけ、視聴してネ。。

 

f:id:supersleeper36:20171006155307j:image

 

===========


 

 だいぶ自然に喋ってますんで、まず視聴してほしい動画はコチラ。
しかも一話完結(たぶん)ですんで、そんなに時間が奪われませんデス。

 

 ちなみにこれ、来週、一般公開しようとしている動画デス。
いまんとこ、このURLを知っている人にしか公開していませぬ。


===========


 

 先ほどの動画の冒頭で話したとおり、現在、メインで実況してるゲームは《大逆転裁判》であります。

 

 だいぶリラックスして喋られるようになってきたのは、この第16回から!デス。
(ちなみにこれも、まだ一般公開していません( ̄▽ ̄) あさってに一般公開するつもりの動画デス)

 


 まずは、この第16回で、「あーこれくらいの感じで喋れるようになるのね」と確認してもらって、それから若い頃の動画を視聴してもらうと、子の成長を見守るような、優しい気持ちで、動画視聴してもらえるかなと存じマス‥‥


===========

 

 

 こちらが、シリーズ第1回デス。

 

 比較してみると、シャベリがおもしろいくらいに変わってますよ。


===========

 


 そんなかんじです。
「ブログでお目汚し」に留まらず、ついに「動画でお耳汚し」するまでになりました。

 

 生暖かく見守ってやってクダサイ。

 

 

 

寝不足は 寝るしか無い

 


 今回のブログ更新、チョットだけ日が空きましたネ。

 

 「落ち込んでます」とだけ書いて姿をくらましちゃって、「病んでるのかしら?」ってかんじですけども、‥‥まぁ、半分正解デス( ̄▽ ̄)ワラ

 


 実際は、書きためていた記事のストックが切れただけです。 在庫切れですが、これからもゆっくりなにかは書いていこうと思います。

 

===========

 

 

 以前の記事で、「『やりたいことがあっても、正しいかわからないからできない』と言うのであれば、『やって楽しいなら、やろうよ』」というようなことを書きました。

 

 

 そしてその記事の前後で、《責任》についての記事を書きましたね。

 

 

 このふたつの記事を並べたのには意図がありまして、

 

 たとえば、「じゃあ、楽しいからって人を殺してもいいのか?」と言う人がいたときに、この《責任》というものが現れてくるんデス。

 

 

 聞いた話によると、日本では、「人を殺してはいけない」という法律は無いようです。ただ、「殺人の罪を犯した場合は、◯◯の刑を受ける」というものだけは存在しているようで、その最たるものは、《死刑》ですね。

 

 だもんで、自分の快楽のために人を殺してしまったら、この償いを致さなくてはいけません。

 

===========

 

 殺人を例にするのは極端なところもありますが、実際、その他のモノゴトにおいても、「何かを選択したら、その犠牲を払う」というのはついてまわることデス。

 

 わがままが過ぎれば誰かに不快感を与えるし、ズルをすればツケが回ってくるし、食べたら肥るし、旅行に出かければオカネを失います。

 

f:id:supersleeper36:20170903020034j:image 

 

 その《犠牲》を払うことも考慮したとき、「それでもやりたい」と思えることをやるのが良いと思いマス。責任をとることも全部ひっくるめて、《楽しい》と思えることをやればイイ。

 

 肥るのが嫌なら、「楽しい」と思えることでまた埋め合わせすればいいだけなんですけどネ。

 

===========

 


 ここまで言って、ようやくボクのカンガエを書ききれた感じデス。

 

 

 そんなオハナシでした。

 

 

最近ほんの少し自分の弱い部分がわかってきたよ

 

f:id:supersleeper36:20170828175253j:image

 

 実は、近ごろ、しばらくブルーで悲観的な自分が続いています。

 

 

 「ここ最近、自分は心が強くなったな」と思っていましたが、ただの勘違いでした。やはり根底の部分は変わらなくて、環境次第で楽しく過ごせたり落ち込んだり、振り回されてしまうんだなと思いました。

 

===========

 

 ボクが友人と話しているときなどに、よくこんなことを口にします。

 


 自分が何をしたって否定してくる奴はいるし、認めてくれる人だって必ずいる。だったら否定してくる人からは逃げて、認めてくれる人と一緒にいれば、否定してくる奴にとっては嫌な人が目の前からいなくなるし、自分にとってもそいつのために無理に取り繕わなくて済むし、お互いに快適でみんな幸せダヨネ。

 

 ‥‥と、そんなことです。

 

===========

 

 自分が「優しい人に囲まれた環境でないと、精神的にツラい」と思うなら、今の場所をそういう環境にするか、それが無理ならどこかそれらしき場所に避難するか、自分でそういう場所を新しく創り上げるか‥‥、いろいろ方法はあると思いますが、ボクはサッサと3番目の手法で自分を助けあげたいと思いますネ。

 

 

 そんなオハナシでした。 田村さん、哀愁スゴイ。

 

 

 

辛い辛い言ってたって楽にはなれない

 

f:id:supersleeper36:20170827111447j:image


 自分は、もう他の何者にもなれないから、受け入れるしかない。

 


 そんなことを友人が言っていて、その通りだと思いました。

 

===========

 

 事実をそのまま受け入れて、目の前の人生を生きた方が、ラクです。「こういうのが欲しかった」みたいな幻想・無い物ねだりに浸っていても、どうせ自分からは逃げられません。自分の外側に答えを求めても、手に入らないものの方が多い。自分の内側と向き合って、自分が持っているものを認識して、それで生きていくしかないんですよネ。

 


 また別の友人が教えてくれた、おもしろいフィンランドのコトワザがあります。それは、「楽しい人には草も花、いじけた人には花も草」デス。物なんて見方次第でいくらでも変わるということデス。

 

 与えられたもので、楽しく生きていけばいいだけですネ。

 

 

 そんなオハナシでした。 山岸さん魅力的。