夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

見える世界がきらめくわ





 こんばんは。ホシノです。

 本日も独りぼっちで思索に耽る、
みたいなことはなく、気が置けない方と、
無駄話しつつ東京ぶらり散歩していました。

 御茶ノ水で、
ストックを切らしそうな爪やすりを購入。
爪をやする限り、我はギターを弾き続けます。
爪、やすりまくります。

 メインイベントである
クラシックギターの備品購入を済ませて、
 早々にさぁ何もすることがない、と。

 火曜日に上野のアメ横に行ったのが
印象に残ったので、小腹を満たすことも兼ねて、
小籠包を喰らいに出動。

 まぁ、小籠包に加えて、
ラーメンやらトッポギやらココナッツミルクやら
おいしいものたくさん食ったものの、
あいかわらず思い出を写真に残す配慮が足らず。
載せるべきものが、ない。事故。

 本日は以前より、
ゆったりとアメ横散策ができた。
行きたいお店にストレスなく立ち寄った。

 とにかく、
3,000円で偽物ブランドのカバンを叩き売りしておる店が、多い。

 「なぜここまで安くできるのか」みたいな
くだらない妄想が始まり、
「きっと中国人がコピー大量生産を頑張っているんだ」とか、
「仕事に失敗して消されたヤクザの遺品を売りつけて、血を洗っているんだ」とか、
言うだけ言って何も買わない、迷惑な客。

 あとは、カラオケ行ってメシ食って。
絵に描いたような遊び方で一日を過ごした。

f:id:supersleeper36:20150314003048j:plain

 しかも、おみやげもある。
内容の充実した誕生日プレゼントもいただいた。
思いやりのあるアイテムばかりで、スゴい。

f:id:supersleeper36:20150314003016j:plain

 チラリと、瞳を覗かせてみる。

 社会人になる手前、
今日みたいな心置きなく遊べるような日は
今後滅多にやってこないだろう、ということで。

 残すべき思い出として、
こんなかんじで刻み付けてやります。

 きっと将来読み返した時に、
「そんな時代もあったね、と」とか、
「今はただなつかしいあの人を思い出す」みたいな、
誰かにとってなにかしらの影響力を持った文字列になっていると思うです。

 まぁ、なんでしょうな。
そんなこんなをどんな言葉で締めくくればいいか。
「ありがとう」にまとめてしまうと、言葉足らずな気もするし、
「頑張ろう」だと、綺麗にまとめすぎている感じはするし。

 たぶん、
「またよろしく〜」くらいが良い気はするけど、
何はともあれ、公共の電波を私物化しすぎている。

 ここまでページを読み進めてくれた人のために、
何かお礼を残すとすると、
飲み屋の勧誘をかわすテクニックを、
我々とトルコ人で発明したので伝授しておきます。

 「飲み屋いかがですか〜」と来たら、
「ビンビンにさせてくれますか!?」です。

 よくわからないけど効果はきっと抜群です。
「あっ、えっと」と下手に出たらこちらの負けなのです。



 そんなかんじで。