夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

キミになりたくて





 ホントは、一日一日、毎日を踏みしめたい。

 毎晩「こんなことあったなあんなこと考えたな」と、
文字にすることで毎日をゆっくり歩いていきたい。

 ところが、毎晩のブログ更新などできていなくて、
まとまった時間が取れるときにまとめて文字にしてしまう。

 これはよくない。
一週間の出来事を駆け足で思い出しては、
シュパパパと文字にする。まるで走馬灯みたいな。

 もう少し、毎日をしっかり味わいたいはずなんだけど、
こんなかんじだから日常のことがあまり記憶に残っていない。

 ・・何が言いたいのかというと、
記事タイトルのデジャヴが増えてきたということです。

 既に使ったフレーズを忘れて使ってしまっている、と。
こんばんは。ホシノです。



 今日もお仕事でありました。
夕方くらいに社長さんが来店されました。

 社長さん、お休みだったですが、
カウンター席に座るや、自分の店の酒を飲む飲む。

 ・・別にホシノの仕事ぶりを見にきたわけではない。
ただ、酔っ払いに来ただけで、大声で
「今日の酒は楽しいなー!」と、笑い始めた。

 夕方から結局閉店までずっとゲラゲラしていて、
店が閉まるやいなや「みんなでヘビメタバー行こうよー!」
と誘われた。

 閉店作業をしている最中も
「早く行こうよー!」と笑っていた。


 愉快に過ごしているなぁ。
僕もこんな大人になりたいと思った〜



 社長さんから「パスタの腕、上げたんじゃないんですか?」
「このメニューなら、もうお客さんに出せるよ〜」と、認定をいただきました。

 そんなかんじです。