夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

5月26〜31日、の日記まとめ







 ある日、「にんぎょひめ」を読んでみたです。

 リトルマーメイドのノリで読んでみたら、
全然ハッピーエンドじゃなくてビックリしたです。


 王子様とお近づきになるため、
魔女に騙されて?人間になったものの、

 声を失くすわ、
王子は別の女に取られるわ。

 しかも、にんぎょひめは
結局、泡になって消えてしまうのです。


 なんと、バッドエンド。後味、わるー



 そして、にんぎょひめとは関係ないけど。
さまざまな童話に登場する悪役〈狼〉は、
だいたい腹に石を詰められて終わる、ナゾ。

 こんにちは、ホシノです。




 話は変わって。

 月末に舞台演劇を観に行きました。
泣きました。 マジ泣きをしました。


 なんというか。
ふだん天真爛漫にしている人が、
フとした瞬間、真顔で、一生懸命にコトバを投げかけると、

 ここまでまっすぐ、人の心に響くんだなぁ、みたいな感動でした。


 ふだんジョークしか言わないような人が、
クライマックスで、真剣に愛を叫ぶのを見て、感動。



 そういう人の言葉には、
うさん臭さが、全く無いのです。

 「アイシテル」という言葉に、ヨゴレが無くて、
太くて頑丈な想いが、ズッシリとのしかかってきたです。

 涙腺を破壊されたです。




 いつも嘘をつかない人の言葉だから、
正直に伝わってきたのですなーー、という、

 強い影響力を、目の当たりにしました。

 そんなかんじで。