読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

8月16日(日)の日記






 〈歩くネガティブ〉と言えるほど、
ホシノは、根っからのネガティブ人間。


 でも、おととしくらいから、

「嫌なことがあったら、
クヨクヨ引きこもってないで、
良い思い出で埋め潰してしまおう」

という心がけが生まれてきたです。


 シャチョサンは、それについて、

「それって、自分を誤魔化してるだけで、
結局、傷は消えてないんじゃないの?
 フとした時に爆発しちゃうんじゃ?」

 という疑問をぶつけました。




 自分にもよくわかりません。




 なぜ本日、
こんなシリアス?な話題になるのかというと、
先日に参加した〈勉強会〉の、
第二回・第三回に出てきたからであります。


 そこで知ったことをみなまで語ると、
ネタバレ・営業妨害になってしまうので、
少しだけ、小出しにすると、

 「What can I do for you?」を、
損得感情なしにできる!という、
そんな心を持っている人は、自立している、強い人であるらしいのです。


 フツーの人は、
「What can you do for me?」と、
人に〈求める〉心を持っているです。

 ・・で、
チョット心が成長を遂げると、
「What can I do for me?」と、
自分で、自分のことをしようという意識が生まれるらしいのです。


 それを乗り越えると、
いよいよ、人に〈与える〉心の状態、
「What can I do for you?」らしいのです。


 その心の状態であるためには、
〈自分のしたいこと〉〈欲望〉を、
捨てられてないといけないらしいのです。



 それを聞いてまず思うのは、
「それって幸せな生き方なの?」という疑問。

 ホシノも、感じました。


 しかしまぁ、
その「幸せな生き方をしたい」という下心でさえ、
捨て去らねばならぬ欲望であるらしくて、

 それがある限りは、
いつまで経っても、心は満たされないらしいのです。



 ・・それもわかるけど、
でも、、なぁ〜〜・・と、唸りたくなるようなオハナシでした。

 そんなかんじです。



 あ。

 勉強会に興味ある方は、紹介しますです。