夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

今の私に、いったい何が出来る?



 夢。2022年3月6日(日)を目標に、飲食店開業!

 


 近頃、飲食店開業についてのカンガエゴトを再開してますが、ではいったい何をしているのかと言いますと、《地盤》を固める作業をしておりマス。 「さっさかお店開けちゃえ!」と、足早にお店を建てることもできるとは思いますが、現在は《地面》を作っている最中デス。

 


 「《地盤》を固める」というのはモチロン、ブルドーザーで土を運ぶ作業をしているワケではなくて、《自分と向き合う》作業をしているかんじです。なぜ飲食店開業をしたいのか、飲食店開業を通して星くんは何をしたいのか、社会とどう関わっていきたいのか、ナドナド。

 

 自分が飲食店開業したい根拠を改めて深く見つめているワケです。

 

f:id:supersleeper36:20170616003645j:image

 

 なぜこんなことをしているのかというと、この作業をしないでお店を建ててしまうと、地盤が緩いせいでその上の建て物が、長く立っていられないと思うからです。

 

 そして、例えばもし、お店を増やしたいという時期がやってきたとしたら、地盤が固まっていれば「まったく同じお店を増やしたいのか」「業態を変更してお店を増やしたいのか」「一号店の近くてお店を増やしたいのか」といった様々な選択に、矛盾なく決断を下せると思うのですが、

 

 地盤が固まっていないままその選択を目の前にしてしまったら、「あれ、ボクの夢ってなんだっけ」とそこから地盤固めを始めなければならなくなります。もしかしたら一度、建て物を退けて地面から作りなおしになってしまう可能性も出てきます。

 


 これまでのブログを読んでくださっている方々なら、「古典ギターの仲間たちが集まる場所を作るのが、夢なんじゃないの?」と言いたくなるところでしょう。‥‥それはそうなんですけど、《古典ギター仲間》という狭い区域の地面だけを固めるだけでなく、もっと広い範囲にまで考えを巡らせてみたいと思ったのです。

 

 《三匹のこぶた》のお話の、長男坊のようなことをしているかんじですね。うんうん。

 

 


 そんなこんなで、そんなこんなをしているわけですね。その地面が一度固まってしまえば、「どんなコンセプトのお店をやりたいか」「どんなメニュー構成にするか」「どんな価格設定にするか」など、芋づる式にアイデアが芽吹き出す予感がしています。

 


 そんなかんじです。