夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

ぜんぜんどうしてこの気持ち伝わらないね






 4月22日(水)です。


 言葉は通じるのに、話は通じないという。
これは、奇妙な恐ろしさだった。。




 とある村では、人間の女性が、
自分の身を食物として捧げる風習がある。

 その運命を迎える女性たちは、
自分が食べられて生を終えてしまうことに
理不尽な思いを抱いている。かと思いきや、

 「おいしく食べてもらえるなら、
それほど名誉なことはないわ」と、
むしろ自らが食物となることに誇りすら感じている。


 我々が、「そんな風習おかしい!」、
「もっと幸せな人生がある!」と、女性を説得しようとしても、

 「わたし、おいしそうでしょ」、
「たらふく食べてね」と、まるで心を入れ替えない。

 「こっちの世界に逃げてきなよ!」
と手を差し伸べても。女性は喜んでその身を、食物として捧げてしまう。


 会話はできるけれど、
説得に聞く耳を持ってもらえない。

 言葉は通じるのに、話は通じないという。
これは、奇妙な恐ろしさだった。。




 同じ言葉を話しているはずなのに、
意味が伝わらない経験は誰にでもあるはず。

 ちょうどホシノも、
そんなことに苦しんでいるところです。




 そんなかんじで。