読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

気付いてくれる人がいる




 就活のコツの話?
というか。それについて星野が抱えている偏見・思想をつづりたいなぁ、と思います。


 実は、去年のこの時期もコレを書こうとしましたが、
「若造が、ナニ偉そうなこと語っとるか」とか思われそうだ、と。
自信が無くて、筆を投げました。よ。

 今年はどうやら語る自信があるようなので、語らせてみませんか。




 てか、オヒサシブリにブログです。
職場で、「星」と呼ばれてる星野と申します。

 ハイ。




 就活のコツ?偏見・思想。
要点を、以下3つにまとめてみました。

その① 自分の〈思想〉を、説明できるか。
その② 就活では、絶対に〈嘘〉をつかない!
その③ 就活で苦労するのは〈面接対策〉ではない。

 というかんじ。
当たり前なことしか言わなそうなニオイがぷんぷんですが、
まぁ、星の自信があるうちに語らせてみませんか。



その① 自分の〈思想〉を、説明できるか。


 〈思想〉というのは、
〈生活や行動を支配する、ものの見方〉のことデス。
〈物事の考え方〉とか〈重要視する事柄〉とか。

 例えば、
自分の〈思想〉を知るヒントとなる、オモシロイ問題があります。


「〈おカネ〉とは、あなたにとっていったいどんなモノですか?」という、問題。

 コレに対しても、十人十色、考え方が異なるわけデス。

 自分の生活を豊かにするモノ?他人を助けるモノ?
遣うときに幸せを感じるモノ?貯蓄するときに幸せを感じるモノ?
稼ぐほど幸せを感じるモノ?休暇を削ってまでは稼がなくていいモノ?



 ちなみに星は、
月20万くらいの生活費+ちょこちょこ貯蓄できるくらいの稼ぎがあれば充分!
というかんじで、

 「変に贅沢を覚えてしまうと、
際限ない欲望に溺れてしまって不幸だ!」とか。

 「それくらいの収入さえあれば、
それ以上の出勤はせずに休みを増やしたいー」、とか。

 「そんなのんびり感が許されているような、
ホワホワした職場環境で働きたい」、とかとか。考えています。

 こんな感じで、
「ああ。じゃあ私は、〈利益至上主義〉のような環境では働けんわ」
「じゃあ、労働者をニンゲンとして扱わんような大企業はNGだなぁ。」
なんてことが判明してくるわけデス。




その② 就活では、絶対に〈嘘〉をつかない!


 近頃の就活生はみんな、面接で、
「リーダーシップがあって、コミュニケーション能力に自信がある」なんて言うらしいデスね。
 星は、そんなこと言えませんでした!サークルでの役職も〈副部長〉だったし。喋りやジョークが上手いわけでもないし。


 しかし、世の中には、それでも、
「私は嘘をついているのではない!ただ誇張しているだけだ!」
なんて、ギリギリの嘘をついてる就活生もいるのではないかな、と。

 しかも、それで見事、面接官の目を欺いて内定ゲットしてしまうこともあるようで。。

 星が働いている職場でも、ランチを食べに来る会社員さんが溜息してました。
「入社してきた新人、なんか面接のときとイメージが全然違うんだけど」、なんて。



 ただ、星は強く訴えたい。!
嘘を貫き通せれば、内定を勝ち取ることができるかもしれない!
「それでも!就活では、絶対に〈嘘〉をつくな!!」、デス。

 〈ギリギリの嘘〉で内定を貰えたとしても、
それは、会社に〈ギリギリの嘘をつく能力〉を見込まれた、ということなのデス。

 するとまぁ、入社後にそこで任される業務といえば、
「ギリギリ詐欺じゃねーか」なんてことばかりになるのデス。

 天性のウソツキさんだったら、人を騙すことなんて苦にならないでしょうが。
このブログを読みに来るような人たちは、詐欺師をやらされると大きなストレスに潰されそうな人たちばかりだな〜、なんて思います。




 加えて忠告したいのが、
会社を騙して内定を得ると、入社後に自分が会社に騙されマスヨ。ということ。

 「こんな仕事をしたかったんじゃない」
「こんな過酷な生活になるなんて聞いてない」、的な。

 果ては、
「ここで辞めたら、自分の弱さを認めてしまう!!」なんて、
自分自身すら騙し始めるわけですから。悲劇デス。



 悲劇の発端は、〈嘘〉です。
面接以前に、企業選びの段階から、嘘をついていたりしませんかネ。
おカネ・お給料に目がくらんで、自分の本心に嘘をついていませんか。

 だから、自分が幸せに生きていくために、
自分の〈思想〉を知らなければならなくなります。

 「私はどんなことに幸せを感じるニンゲンかな」、と。
それに矛盾が生じるような選択をすると、悲劇が始まります。


 「それでも大企業に入る!お給料!福利厚生!」と言う人もいると思いますが、
その人がそう覚悟したならば、それで良いと思います。

 そうなることが、その人の幸せですからネ。それもまた、思想。




その③ 就活で苦労するのは〈面接対策〉ではない。


 単刀直入に言えば、
就活で苦労するのは〈面接対策〉ではなく、〈企業選び〉であります。


 〈面接対策〉は、さほど苦労しません。
嘘をつくためには台本が必要だけれど、
背伸びしなくて良いのであれば、自分のココロから勝手に言葉が出てきますから。

 言葉遣いなど、多少の誤りはご愛嬌として、
自分のありのままをしっかり〈説明〉できれば良いだけデス。

 自分=商品みたいなものです。
自分をしっかり説明したその後は、
「欲しい」と思われなければ買われませんし、
「欲しい」と思ってくれれば買ってくれる。

 それだけです。


 ただ、
そんな自分と、
そんな自分を「欲しい」と思ってくれる人と、
この2つを引き合わせることが、とても、タイヘンなわけです。

 目で見えない〈運命の赤い糸〉を手繰り寄せるようなことですから。


 でもまぁ、企業検索サイトを駆使すれば、
条件フィルターで、意外と簡単に絞り込めたりしますからねー

 あとはその中で、
「あっ。この企業、ステキ!」
と、少しでも感じることができる企業と出会えたら、

 あっさり内定!だと思います。


 その出会いにたどり着くまでは、
いろいろな場所を、いろいろな角度から掘り起こさなければならぬ。
 コレが、とても大変なのです。検索能力の高いヒトは、あっという間でしょうが。




 以上。

その① 自分の〈思想〉を、説明できるか。
その② 就活では、絶対に〈嘘〉をつかない!
その③ 就活で苦労するのは〈面接対策〉ではない。

 就活のコツ?偏見・思想。でした!

 念のため繰り返します。偏見・思想でした!!


 放っておけば、
星はまだまだ語り続けてしまうようなトピックですが、
今回はここまでで強制終了します。

 なんかオモシロイ意見があれば、気軽に教えてください。トークしましょう〜