読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

大岡裁き問題2の解答(前編)






 ▲ 題文は、この記事エントリーです。


 ざっくり、おさらいすると、

「バンド活動をしているあなたが、
大手レコード会社のプロデューサーの目に触れて、
『キミひとりだったらメジャーデビューさせたい』とのお話が。。

 しかし、メジャーデビューはバンドメンバー全員の夢。
あなたは、この話をどう受けるべき?」という感じです。




 ちなみにこれ、ホシノが出題された時はまず、
「メンバー全員でデビューできない話は、断る」と答えたですが、

 実はコレ、最悪の解答らしいのです。


 一見、仲間想いの決断であるように見えるものの、
実際は、「おれらのせいで、あいつはチャンスを逃した」という心の傷を、
メンバー全員の心に刻み込んでしまう、というバッドエンド。


 では、どうしましょうね。




 正解は、プロデューサーの誘いには、
とりあえず、「よろしくお願いします」と答えること。

 重要なのは、
その後のことをどう取り決めて、
仲間と、どう話すのか。それが、大事マン。


 ちゃんと考えれば、
・プロデューサーの誘いを断らない
・仲間全員でメジャーデビューする夢を叶える
このふたつが同時に、満足できるそうです。


 さぁ、どうしましょう。

 年内にはちゃんと解答出します。