夢は飲食店開業!寄り道まみれな日々。その一部始終。

何年も忘れてたことが何かの拍子急に思い出す( 01/全05回)

 

 

 まだまだ執筆途中で、

いったい全何回になるのか分かりません。。

 

 分かってから直します。

 

 

 こんにちは☺︎ 星デス。

今回のテーマは、《日記》です。

 

「日記ってどう書いてるの?」
「日記ってなにを書いてるの?」
「なんで日記書くの?」

 

 これらよく聞かれるコトなのですが、
今回は出し惜しみせずに答えてゆきます。

 


 かれこれ、8年ほど日記をつけてますけど、
『それなりの見映えにデザインするテク』やら、
『日記の習慣を継続させるテクニック』など、
これまで試行錯誤してきた工夫を、全公開してしまいマス。

 

(ただ、『時間が掛かってるのなら、さぞ大層なテクだろうな』

と期待されても、実際そんなことはない!デス)

 

 

 

 

 

どんな日記書いてるか見せて!
 「日記見せて!」とよく言われるので、
まずは実物公開からしてみます。どーん

 

f:id:supersleeper36:20161127004442j:image

f:id:supersleeper36:20161127004503j:image

 

 あっ、ピンボケはわざとデスヨ。
《見せ》はします。《読ませ》ませんケド。どーん


 ですが、実物をひと目見ただけで、
多くを語らずとも、色々なことに気づかれると思います。

 

「日記なの?手帳なの?」
「色ペン使わんのか!」
「細かい!こんなたくさん書いてんの?」
 ・・などなど。

 


昔は、『ほぼ日手帳』に日記をつけていた。
 まず、星は手帳と日記がいっしょくたになっています。
これは、昔使っていた『ほぼ日手帳』の名残であります。

 

 ほぼ日手帳は、『1日ごとに1ページ』用意されている手帳で、
その十分すぎるスペースに、毎日好きなことを書いていいというものデス。

 

f:id:supersleeper36:20161127004630j:image

 

 

 日記をつけ始めたのは、
この手帳の購入がキッカケです。

 

 去年まで毎年、ほぼ日手帳ユーザーでした。

 


ほぼ日手帳狂。
 星は、周りの友人に引かれるくらいの手帳信者でした。
毎年2冊ずつ利用していたんです。安くないし、しかも重いのに。

 

 毎日、重い手帳を持ち運び、
毎年、手帳をそろえるために 15,000円ほど出費していました。

 

 ハタから見れば、
「手帳に、15,000円も!?」
というかんじなんですよね。

 

f:id:supersleeper36:20161127004752j:image 

※ 公式画像( ほぼ日手帳 2017

 


 しかし当時の星は、
「その値段を払えば、【↑画像】のようなオシャレな毎日が手に入る!」
「毎日を『41円』よりも価値ある日々にしたいと思える(手帳の金額を365日で割ると『41円』になる)」

などと、《意味不明な幻想》に惑わされていて、
15,000円の出費になんの疑問も抱いていませんでした。


 教祖に洗脳された《カモ》のようなものです。
《手帳教☦️》ですね。アーメン。

 


去年、目が覚めた。
 去年の年末、
「さて、今年はどの手帳を買おっかな」
と、カタログを物色しているときのことです。

 

 それは、突然やってきました。

 


 購入リストをつくって、値段を総計すると、
例年と同じくらいの、15,000円・・

 

「・・高くね?」

 

 と、今までなんとも思っていなかった値段なのに、
そのとき、急に我を取り戻したんですよね。不思議デス。笑

 


 アレですね。
無意識のレベルで小さな不満が溜まっていたのだと思いマス。

 


ほぼ日手帳の『1日1ページ』は多すぎた。
 まず、『1日1ページ』というのがボクには多すぎました。

 

f:id:supersleeper36:20161127005014j:image

 


 あんなに気合を入れて、
毎日毎日、色々なことを書くことなんてできないんですよね。

 

 まぁ、毎日書く必要なんてそもそもなかったりもして、
余裕がある時にだけページを埋められれば、それで良いのですケド。

 


 ケド、ある時からボク、
手帳の重さにイライラし始めたんですよね。笑

 

「何も書いてないページも結構あるのに、
その白紙も、毎日重い思いをして持ち運ぶなんて、無駄すぎる」

 

というかんじデス。


 星の身の周りの友人からしたら、
「いや、もっと早く気付こうよ」
と総ツッコミしたくなるくらいの荷物の重さなんですけど、

 

痛い(重い)思いを積み重ねて、
ようやく気づいたかんじデスネ。

 


去年から、手づくり手帳に。
 「そんな不満に、15,000円も払えないナー」
と、ほぼ日手帳から別の手帳に乗り換えようとしました。

 

 けど、ほぼ日手帳のような、
『1日1ページ』という野原のような余白が、
ボク、結構お気に入りだったんです。
毎日は書けないというだけのことなんデス。


『たくさん書き込める余白は欲しいのに、
1日1ページも、いらない。』

 

という『ワガママ手帳』を追い求めましたが、
まぁそんな都合のいいモノは当然存在なんてせず、

 

「ならば、自分で作ろう」
と、思い立ったワケです。

 


好き勝手に書けて、無駄がない。
 手づくり手帳と言っても、
市販のノートにカレンダーを書き込むだけデス。


で、カレンダー以降のページに、日記をつけています。

 

 この手づくり手帳が、ほぼ日手帳とは違って、
ケッコー使い勝手バツグンなんですよね〜

 

f:id:supersleeper36:20161127093652j:image


 たとえば、
ある日の日記が、チョットしか書けなかったときがあるとします。

 

 ほぼ日手帳だと、
「翌日の日記は、翌日のページに書かなきゃ」なデザインでしたが、

 

 これが手づくり手帳なら、
「途中の余白から埋めていけばOK」なんです。


 快適快適、デス。

 


お値段なんと、632円!

f:id:supersleeper36:20161127005409j:image

 

 ちなみに僕が使っているノートは、コレです。

 

 「『書き心地』には理由があります。」
というコピーが印象的な、このノート。

 

 A5サイズで、632円です。
フツーに手帳買うより、激安ですよネ。


 しかも、わりと頑丈です。
重くもありません。願ったり叶ったりデス。

 

 

 

 

 『手づくり手帳』のオハナシは、これくらいで。つづきます。

 

何年も忘れてたことが何かの拍子急に思い出す( 02/全?回) - 星